homeへ

休暇前後にはウイルス対策を

いよいよ来週からゴールデンウィークがスタート。今年は長めの休暇期間を設定する企業が比較的多い模様だが、こうしたイベント期間には、ウイルスやサイバー攻撃などの脅威も発生しやすい。

【表、画像】休暇後の対応、偽システム診断ツールの画面など

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は20日、ゴールデンウィークの長期休暇期間におけるコンピュータセキュリティインシデント発生の予防および緊急時の対応に関してまとめた文書「長期休暇を控えて2012/04」を公開した。休暇前後の対応を取りまとめたほか、最近とくに被害事例が目立つ、「偽ハードディスク診断ソフトウェア」に関する注意を喚起した内容となっている。

 Webサイトを閲覧中に、ハードディスク診断ソフトウェアを偽ったマルウェアに感染させる攻撃は昔から存在するが、JPCERT/CCでは、2012年3月末頃より「SMART HDD」などの事例を確認しているという。このマルウェアがPCに感染した場合、あたかもハードディスクに問題が発生しているようにユーザーを欺き、さらに、有料版ソフトウェアの購入を促し、ユーザーにクレジットカード情報を入力させようとする。JPCERT/CCでは、長期休暇中もこのような攻撃が継続すると予測している。

 JPCERT/CCでは、休暇前の対応・休暇後の対応として、連絡網の整備・周知、最新版への更新の徹底、データのバックアップ、不要なサービスやアプリの削除などを呼びかけている。

■長期休暇に入る前
[システム管理者向け]
(1) インシデント発生時の連絡網が整備・周知されていることを確認する
(2) 最新のセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認する
(3) 重要なデータのバックアップを行う
(4) ベンダのサポートが切れているOSやソフトウェアを使用し続けていないか確認する
(5) 不要なサービスを無効にしているかどうか確認する
(6) 各種サービスへのアクセス権限を必要最低限に設定する
(7) 設定を変更する場合、通常の状態に戻す手順やスケジュール、監視体制を確認する
(8) 休暇中に使用しない機器の電源を切る

[一般社員、職員向け]
(1) インシデント発生時の連絡先を確認する
(2) 最新のセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認する
(3) 不要なソフトウェアがインストールされていないか確認する
(4) パスワードに簡単に推測できる文字列が設定されていないか確認する
(5) 業務遂行のため、データを持ち出す際には、細心の注意を払う
(6) 業務機器を休暇期間中に自宅で使用する場合は、業務で認められた用途以外に使用しない

■長期休暇が明けてから
[システム管理者向け]
(1) 休暇中にセキュリティ更新プログラムが公開されていないかどうか確認する
(2) 休暇中に持ち出されていたPCやスマートフォンなど、ウイルスチェックを周知する
(3) 休暇期間中にサーバへの不審なログインがないか確認する

[一般社員、職員向け]
(1) 出社後すぐにウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新の状態に更新する
(2) 休暇中に溜った多数の未読メールに注意する
(3) 休暇中に持ち出していた業務機器は、事前にウイルスチェックを行った上で使用する

オイルとミルク

一般的に、オイルクレンジングに比べるとミルククレンジングはクレンジング力が弱目です。
そのかわり、乾燥肌や傷んだ肌に適したクレンジング方法です。
ファンデーションの落ちが悪い時には、ミルクを馴染ませる→拭き取りを何度か繰り返してください。
拭き取ったコットンに色が付かなくなったら、メイクが落ちている合図です。

日本酒でしっとりうるおい肌

日本酒作りの職人さんの肌がしっとりうるおって、とてもきれいなのはご存じですか?日本酒をつくる過程でできる成分が、肌によいといわれ、注目されています。以前は美白剤としても有名だったコウジ酸もここから発見されました。
日本酒の醸造では、コウジ菌が「糖化」=米のでんぷんを糖分に変えるを行い、酵母菌が「アルコール発酵」を行うという2つの反応が複雑に相互作用をしてお酒の原料であるもろみが作られます。
この過程でたんぱく質やアミノ酸、こうじ酸ができてきます。
たんぱく質やアミノ酸は保湿作用、こうじ酸は美白効果を持ち、乳酸のピーリング効果によって肌がしっとり白く、つるつるになるのです。

NMF=天然保湿因子とは?
皮膚の一番外側の角質層の中にあり、水になじみやすく水分を保持する物質のことです。
NMFの主な成分は水分をかかえこむ力のある[アミノ酸類、乳酸、尿素、クエン酸]が知られています。このためNMFには角質間の水分を保持する働きがあり、肌をみずみずしく保つ重要な役割を果たしています。

自宅でできる日本酒利用法
・日本酒風呂
200Lの浴槽で4合720ml程度入れるのが良いそうです。
・保湿スプレー
スプレー式容器に、日本酒(肌が荒れている時や敏感肌の場合は水で薄める)を入れておき、家事の合間、気がついたら手にスプレーすると、肌荒れ防止になります。料理の合い間でも、ハンドクリームだと洗い流さなくてはなりませんが、これなら口に入っても大丈夫なので、安心です。

ビジネスSNS阻む日本の事情

世界的に普及が進むプロフェッショナル向けSNS「LinkedIn」。公式サイトによれば、2012年2月時点で200カ国以上で利用され、登録ユーザー数は1億5000万人に上るという。昨年にはLinkedInの日本語版サイトがオープンし、リクルート子会社が「Biz-IQ」を開設するなど、日本でのビジネスSNSの普及を期待する声も多い。

 こうした中「日本ではビジネスSNSが爆発的に普及しにくい事情がある」と指摘するのは、ビジネスSNSに詳しく「LinkedInをビジネスに使う本」(中経出版)なども手掛ける谷口正樹さん。谷口さんが挙げる“事情”の1つが、仕事とプライベートをめぐる日本人の「民族性」だ。

●仕事とプライベートをめぐる日本人の「民族性」

 「日本と海外では、人間関係に対する考え方に“民族的な違い”がある」(谷口さん)。LinkedInの海外ユーザーの多くが「ビジネス」と「プライベート」を分けて人間関係を考えるのに対し、日本人にはSNS上でも人間関係をひとまとめにして考えるタイプの人が多いという。

 「例えば、出張などで海外に行った日本人が外国人と名刺交換をして、その後いきなりFacebookで友達申請をしたとしたら『こいつは頭がおかしいのか』と思われてしまう。海外にはそれくらいドライな人間関係観がある」

 一方、「日本人は“プライベートとビジネスを分けるなどもってのほか”というウエットな文化がすごく強い」と谷口さん。その結果「いろいろな人が集まるパーティーのような場」であるFacebookに、全ての人間関係が集中してしまうことになるという。

 「日本でも、若い人を中心に仕事とプライベートを分けて考えたい人はいるが、現状では切り分けることが難しい。“仕事関係の人ともプライベート関係の人ともみんなFacebookでつながろう”という流れがある」と谷口さん。本来ならビジネスSNSでつながるべき人ともFacebookでつながるため、「何のためにビジネスSNSを使うのか?」という「本来発生しないはずの議論」が生まれてしまうという。

 だが、このようにして作られるFacebook上での複雑な人間関係が「Facebook疲れ」を生んでしまうと谷口さんは指摘する。「ビジネス関係の人がプライベート空間であるFacebookに入ってくるというのは“自宅でくつろいでいるときに土足で営業訪問に来られたような感覚”に近い」

 Facebook疲れを防ぐためには「自分のソーシャルメディア運用ポリシーを決めることが重要」と谷口さん。例えば「Facebookはプライベート専用として使い、ビジネス関係の人はLinkedInでコンタクトしてもらう」といったポリシーを設け、SNS上での人間関係をコントロールしていくのが重要だという。

●ビジネスSNSの使い方への“誤解”も

 ではLinkedInをはじめとするビジネスSNSをどのように使っていくべきか。谷口さんは、日本ではビジネスSNSの使い方に対しても“誤解”があると指摘する。

 「FacebookやTwitter、mixiなどが爆発的に普及した影響で、それらと同様にLinkedInにも毎日アクセスしていろいろアクションしなくてはと思ってしまうユーザーが多い」と谷口さん。LinkedInにもユーザー同士でコミュニケーションするための機能はあるが、それらの機能は補助的なもので「基本的には登録して放置しておけばよい」という。

 「LinkedInはソーシャルメディアというより“データベースサービス”なので、一番近いのは『タウンページ』。世界中の企業とそこで働いている人たちが登録されているタウンページから、求めるスキルを持った人を探すようなイメージ。こういう使い方を理解しておかないと、毎日アクセスしても何も面白くないし“このサービスはなんなんだ”ということになってしまう」

 ビジネスSNSでは、まずは他のユーザーから検索で見つけてもらいやすいプロフィール情報を作成することが重要だという。具体的には(1)自分の過去の経歴、(2)現在の仕事内容、(3)今後やりたいこと――をプロフィールに記入しておくことで、他のユーザーから仕事依頼などを受けやすくなるとのことだ。

 実際、谷口さん自身もLinkedIn上で講演や記事執筆の依頼を受けたり、仕事の依頼先を探したりすることが「ちょくちょくある」という。中には「海外のIT企業のCEOから『Facebookページの管理ツールを日本で展開したいのでビジネスパートナーになってほしい』と依頼が来たこともある」と谷口さんは振り返る。

 「LinkedInは、ある程度ユーザー数が増えてから価値が生まれるツール。今はとりあえず登録して様子を見るだけでもいいと思う。私の感覚では、LinkedIn上のコンタクト(つながり)が100人を超えたころからいろいろと面白いことが起きてくる」(谷口さん)